koukuu



事務所の応接に古い航空写真がありましたので公開してみました。
社員の誰もがこの写真の詳細については分からず、気がついたら壁にかかっていたようで、本社事務所開設から存在しています。

モノクロの印画紙写真ですのでかなりの歴史を感じさせますが、おそらく東船橋駅が開通したころ。
※ですので、おおよそ1980年代前半のものだと思います。

kouwakakudai
※当社専用駐車場も畑 駿河台あたりは家も建ち並んでいます。

当時駅の周りにはまだまだ農地(畑)が多く、我が興和ハウジング社屋の場所も畑(未利用地?)です。
そのころは船橋駅前の事務所から東船橋駅近くの賃貸店舗へ引越ししてきたばかりのころですね。
今の場所とは別の場所で営業していました。

お客様から「東船橋はなかなか開発がすすまないね」なんてお話をよくいただきますが、とんでもない!
この写真を見ると畑と駐車場が減ってずいぶん建物が増えましたことがよく分かります。
開発は確実に進んでいます。
ro-tari-kakudai
※南口ロータリーなんて基本畑しかないですから。

ただ、今でこそ徐々に増えてきてはいますが、隣駅の船橋駅、津田沼駅に比べ飲食・物販系のお店が多くないこと、一部の場所を除き、住宅しか建築できないような都市計画(JR東船橋駅周辺地区地区計画)によって建物建築を制限していることが都市化の遅れを感じさせる要因となっているのでしょう。

「船橋都市計画JR東船橋駅周辺地区地区計画 (抜粋)」
〜JR東船橋駅を中心とした日常 生活における拠点機能の充実と、地域の環境に配慮した快適で良好な住宅市街地の形成と保持を図ることを目標とする〜。

「良好な住宅市街地の形成」 これいいですね、響きが。

同じ船橋市内の「新船橋」駅前ではやはり地区計画(新船橋駅東地区地区計画)によりドカドカ高層マンションが建築されています。
何を以って「良好」というのは色々ご意見があるわけでしょうが、都市化が進む船橋市JR線エリアの中で唯一、のんびりとした雰囲気を30年以上かわらず保ち続けているところが「東船橋」のよいところだと個人的には思います。


東船橋駅利用の物件情報「駿河台二2480新築」


(担当K)

※マウスオーバーで現在の写真(グーグルマップ)に切り替わります。マンション・アパート増えましたね…
(ひっくり返して北方位が上になるよう表示)